スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃遊んだ花畑はこの夕日の中に

2012年05月07日 23:54



散歩をしていて見つけた白詰草は
やや盛りを過ぎていたものの、野のそこここに
群れなして咲いていました。
れんげ草同様に懐かしさを誘われます。




そういえば白詰草ってクローバーの事じゃん! と思って
軽く動揺する(何故に)程度にはフレプリ好き。
(大好きって言っとけよ‥‥)

なんて言ってる足元をよく見ると、





シジミチョウが。
ギリギリまでお邪魔して接写。





(小学生の頃、農閑期の田んぼで友達とよく遊んだけれど
 いまじゃそういうのは出来ないのかな)





               ●          ●          ●





花とか、虫とか
牧歌的なものと残酷なもの、両極端な意味合いでもっての
僕らにとっての「遊び仲間」だったわけですが、
今でも、ちょっと車を降りてみて注意しながら歩いてみると
昔と変わらない佇いでもって、そこにいます。

















僕はその事に何か意味を見出したいのかな?
そうじゃない気が、する。





               ●          ●          ●





曇天の日でいまいち光が冴えない感じだったので、
好天の日にもう一度、歩きに行きました。









驚くほど静かな湿地帯で、光を浴びながら鳥の声を聴いていると
(ちゃんと聴いていると本当に会話しているんだよね!)
足からするすると根が生えてくるんじゃないか? と思うほど
心地よく、でも
それは出来ないことだと、心のどこかで醒めている。





それでも、どうにも物憂く
生きていくしかないのなら
あそこに立っている木になりたいと
駄々っ子のようにまたも思ってしまう、
自分の心の中の、良くない兆候と
燦々と降り注ぐ陽光が
ぼんやりと引っ張り合いをしている。


れんげ畑を探そう と思った。
この陽光の中で、こないだよりも思い出に近い、
そんなれんげ畑を。
堂々巡りの一人相撲を蹴飛ばしてくれる、
そんなれんげ畑を。


そうしたら、
ありました。
色も、
光も、
そのまんま、
いま、ここに。









ハレーション写り込んでしまったけど、
いい感じで撮れました。
どうよノスタルジアにどれだけ近い?
(でも柔らかな午後の陽光は、行き先を間違えないよ)






桜はじめました(おわりました)

2012年04月22日 20:26



携帯で撮るイージーな写真であっても、
何年か撮り続けてると、あとから振り返ったときに
気分だとか、傾向だとか、願望だとかが
結構あからさまに出ていて
そういう正直さも表現のうちなのかと思いますが、

今年の僕は桜をどんな目で見ていたのだろう?

















人が世間が如何なろうとも、揺らがずに何時も通りに
咲いてみせる、淡い柔らかさの中のきっぱりとした強さ みたいな
ものは、何だか去年以上に感じているのかも知れません。





密やかな場所で咲いている風情が
良かったのだけれど、少し露光が強くて
もったいなーい。
















          ●          ●          ●



同じ花でも、タンポポに対する感情が
桜に対するそれと違うのは、見るときの目線や視野の違いでしょうか。
何かこう「太陽サンサン、熱血パワー!」みたいな感じで
受け止めてしまうところが(笑)。









だれのーためにーさいたのー
それはーあなたのためよー
‥‥で始まる歌は『ひまわり娘』だった。
『たんぽぽ娘』はロバート・F・ヤングですね。

今ネットで確認してたら、河出書房新社の
『奇想コレクション』で発売の予定があるって何ですかそれ!
よし頑張ろう俺、明日へjumpだぜ。









スネてる感じがちょっと可愛い。





「花のような人」っていう表現があったらば、これで中々
意味深い言葉だな なんてことをちょっと思います。
(花言葉的なものを抜きにしても)
一面のこれは‥‥ 何だろう?













なつかしいれんげ畑。





          ●          ●          ●








そして桜の季節は、足早に過ぎて行きます。



ある光

2012年02月25日 03:53



ちょっと横を見てみると、墓石がズラリと並ぶ広大な墓地が
目に飛び込んでくる、名古屋の平和公園。
街中の割に静かなスポットなので、時々ふらりと散歩に行きます。

冬っぽい写真が撮れないかと出かけてみました。





この日は天気はいいが、冷たい風が滅茶苦茶吹き付ける
“ぞっとするような晴れた日”で、
さながらザ・スミスの「セメタリー・ゲーツ」な気分。









半分凍えながら撮っていたんだけど、













こうして見るとそれ程寒そうに見えない。









少し前に撮った、冬のさなかの写真だけれど
急に暖かくなってきた昨今にこうして出してみるのは、
何だか丁度いい感じもしますね。

昨晩は自転車で走っていて、微かに春の匂いがしました。
もうそこまで来ているのかな。


いちょう並木のセレナーデ

2012年01月18日 01:49



去年の暮れはギリギリまでなかなか寒くならず
ちゃんと紅葉するのかいなと思っていたら何のことはない、
12月に入り、一気に寒くなってきたおかげで
黄色く染まった銀杏たちを危うく見逃すところでしたよ。

寒いある日にダッフルコート着て一人、栄辺り風を切って歩いて
撮ってきた冬のポートレイト。




桜通りのいちょう並木。
(“桜”通りなのにいちょう並木とはこれ如何に?)


































白川公園のスタンドアローンないちょう達。



















そして冬の夕暮れ。













本年もよろしくお願いします。


やっぱり海が好き

2011年08月24日 03:39



夏はもう、嫌い というか憎い というか、
それ程までに苦手なのですが
酷暑にジリジリと嬲られるがままというのならばいっそ、
攻めに打って出よう!
‥‥という悲壮な決意をしたわけでは一向になくて、
何となく海に行くことになりました。





          ●     ●     ●





知多半島突端の、その先に浮かぶ
日間賀島まで。
太陽が容赦なく燃えています。





海の家「れもん」はどこですか。





海に浮かんで、
浜に転がって、
その繰り返しがひたすらに気持ち良い。





「夏もいいネ!」とか何とか、
暑さに酔ったようにぼんやりと思っているところ。








          ●     ●     ●





まるで夏嫌いを返上するイキオイで、
次の週には日間賀島のお隣、佐久島へ
ノリノリで突っ込んで行きます。‥‥が、
この日は生憎の小雨模様。





ビーチもガラガラで、
貸切状態で楽しめます(前向思考)。





いざ行かん。





途中から晴れ間も見えてきて、
浮かんだり寝転んだりと存分に楽しんで、
名物の大あさり丼食べた頃には
充分に元が取れています。


その後は島の古民家を見て廻ったり、





現代アートを探し探し、散策したり。
(佐久島はアートで島起こしに取り組んでいる)








これだってアート。





‥‥アート?





ここには他にはない、ゆるゆるなチャームが
そこかしこに顔をのぞかせています。

また行こう佐久島。





別の日に、夏を探しに行った時の写真を
この後に少し集めました。

[やっぱり海が好き]の続きを読む


さいきんのようす


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。