FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃遊んだ花畑はこの夕日の中に

2012年05月07日 23:54



散歩をしていて見つけた白詰草は
やや盛りを過ぎていたものの、野のそこここに
群れなして咲いていました。
れんげ草同様に懐かしさを誘われます。




そういえば白詰草ってクローバーの事じゃん! と思って
軽く動揺する(何故に)程度にはフレプリ好き。
(大好きって言っとけよ‥‥)

なんて言ってる足元をよく見ると、





シジミチョウが。
ギリギリまでお邪魔して接写。





(小学生の頃、農閑期の田んぼで友達とよく遊んだけれど
 いまじゃそういうのは出来ないのかな)





               ●          ●          ●





花とか、虫とか
牧歌的なものと残酷なもの、両極端な意味合いでもっての
僕らにとっての「遊び仲間」だったわけですが、
今でも、ちょっと車を降りてみて注意しながら歩いてみると
昔と変わらない佇いでもって、そこにいます。

















僕はその事に何か意味を見出したいのかな?
そうじゃない気が、する。





               ●          ●          ●





曇天の日でいまいち光が冴えない感じだったので、
好天の日にもう一度、歩きに行きました。









驚くほど静かな湿地帯で、光を浴びながら鳥の声を聴いていると
(ちゃんと聴いていると本当に会話しているんだよね!)
足からするすると根が生えてくるんじゃないか? と思うほど
心地よく、でも
それは出来ないことだと、心のどこかで醒めている。





それでも、どうにも物憂く
生きていくしかないのなら
あそこに立っている木になりたいと
駄々っ子のようにまたも思ってしまう、
自分の心の中の、良くない兆候と
燦々と降り注ぐ陽光が
ぼんやりと引っ張り合いをしている。


れんげ畑を探そう と思った。
この陽光の中で、こないだよりも思い出に近い、
そんなれんげ畑を。
堂々巡りの一人相撲を蹴飛ばしてくれる、
そんなれんげ畑を。


そうしたら、
ありました。
色も、
光も、
そのまんま、
いま、ここに。









ハレーション写り込んでしまったけど、
いい感じで撮れました。
どうよノスタルジアにどれだけ近い?
(でも柔らかな午後の陽光は、行き先を間違えないよ)






スポンサーサイト


さいきんのようす


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。