FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらり巡礼の旅(鳥取・島根編)

2011年07月01日 03:27



去年の今頃に、島根・鳥取に行ってきた時の写真を
何やかやで整理しそびれていたので
これはちょうど良いお蔵出し。





          ●     ●     ●





どうしても一度行ってみたかった、
植田正治写真美術館。
大山の麓の、素晴らしいロケーションの中に
屹然として建っています。
(この時は残念な曇天でしたが)





寺社建築のような、ストイックな雰囲気が
ぴん と張っているような建物。








このときの展覧会は、
“雲のうつくしい日に。-写真家・植田正治の「まなざし」-”
と題されたもの。
穏やかな写真たちでしたよ。








          ●     ●     ●





宍道湖の湖畔に立つ、
島根県立美術館。





もんっっっのすごく、居心地が良い。
愛知県美術館とトレードして欲しい位(笑)。





そして、背後に広がる宍道湖。
居心地の良さの何割かは、この湖のおかげ。





曇天を映し込んだ湖面は、
しかし沈鬱さをそれ程感じない。
自分にはむしろ、好もしい。








          ●     ●     ●





境港の水木しげるロード。
思ってた以上に楽しいところでしたよ。








          ●     ●     ●





写真家・植田正治ゆかりの場所、
鳥取砂丘。
帰りがけに何となく見ておきたかっただけだったのに、
いざ着いてみたら変なスイッチが入って撮る撮る。
































何枚かをモノクロ変換してみたらあら不思議、
なんちゃってueda-cho(植田調)の雰囲気。












スポンサーサイト


さいきんのようす


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。