FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェルカムバックフレンズ、アゲイン

2010年01月28日 00:28



冬スタートの新番組では
『ダンスインザヴァンパイアバンド』を楽しく観ておりますが、
土橋安騎夫氏がサウンドトラックを担当し、OPが「フレンズ」のカヴァーという所に
80年代に思春期を直撃された自分には、いろいろと
感慨深いものがあります。
(同じく土橋氏が手がけた『夜桜四重奏』のサントラに、
 木暮武彦氏が参加した時も同じ様な気分になっちまいましたが)



レベッカはよく聴いていましたよ。
大学受験で上京した時にも、ウォークマンで携えていったおかげで
この1月2月のさっむい時期に『Nothing To Lose』『REBECCA IV』、
そして『Poison』といったアルバムを聴くと
受験会場に向かう電車の車窓から見た風景が、ぶわっ と
フラッシュバックしてくる事があります。
大袈裟な言い方をするなら、10代のサウンドトラックのひとつと
いったところになるのかな。



        ●     ●     ●



冬新番でもうひとつ、楽しみに観ているものに
『はなまる幼稚園』がありますが、これはこれで
サウンドトラックとOP・EDをNARASAKI氏が担当していることに
ちょっと驚かされました。
アニメ好きとは聞いてましたけど、
コールター・オブ・ザ・ディーパーズの人ですよ?
ああ、これまた感慨深い。



OP曲を聴いていて、
子どもがけんけんぱをするように音を辿っていく
ナイーヴなメロディに誘われるように、
しばらく聴いてなかったディーパーズのCDを引っ張り出して聴いてみたら、
NARASAKIさんの音は、やっぱりNARASAKIさんの音でしたよ。






        ●     ●     ●



しかしここ最近で何が一番感慨深いかって、
小沢健二のライヴ活動再開(13年ぶり!)のニュースが、もう。
これは何としてでも観に行かないと。



この曲を演ってくれたら、
泣くかも知れない。




スポンサーサイト

カールスラントの黒い煉瓦

2010年01月15日 16:27



先日帰省した折、とある知り合いに食べさせてもらった
本格的なドイツパンがあまりに美味しかったので、
名古屋でも作っているところはないものかと探してみたら
割と近所にこんなお店を見つけたもので、出かけてみると
これがビンゴ。


ライ麦100%のポンパニッケル。
聞きしにまさる黒煉瓦っぷりです。



しっとりずっしりとして、酸味の味わい深さが
もうたまらんという感じ。
このあいだ頂いたのは、同じようにもちもちとした
食感のパンだったのだけれど、ここまでの褐色ではなかったので
ミッシュブロートといったところかしら。
それでも「うーん、ハムかチーズが欲しい‥‥」とか言いながら
もくもく食べた事を思い出し、サンドイッチにしてみます。



ドイツ式というのがあるだかないだか判らないので
適当に挟んでみましたが、これまたビンゴ。
こんな事もあろうかと、ついでに買ってきたソーセージとイモを茹でて
瓶詰めのザワークラウトと粒マスタードを添え、
ヴァイスビアを開けたら、かなりイイ感じ。
彼の“イモうめー”なせくしーぎゃるにも御満足頂けるかどうか。





今度は、ネットで検索した簡単レシピのアイスバインを試してみたいところ。
ニシンの酢漬けとかもね。




さいきんのようす


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。