FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらぬ佇まいの人

2009年10月29日 02:55



最初に見たのは何の絵本だったか、
初めての出逢いはおそらく、幼稚園に通いだしたくらいの頃で
今となっては思い出すことも出来ないのですが
心に残る、その絵を描いた画家がいわさきちひろだと知るのは
もうしばらく後のこと。


刈谷市美術館でまとまった展覧会をやっていたので、
就活のついでに行ってみました。
絵本や児童雑誌の原画も沢山あって、
昔みた事のあるものはないかしらん、と思ったけれど
はっきりと思い出せるものは残念ながらなくて。
いろんな媒体に載っていたものを見た記憶がないまぜになって
幻の絵本を作り上げてしまってたのかな‥‥ と
思わなくもないけれど、
それでも、改めていま見るちひろの絵は
何だか、昔よく遊んでもらっていたお姉さんがそのままに
現れたような佇まいでもって眼前にありました。


パステル画のポートレートに
パウル・クレーの描いた天使の絵のイメージが
ちょっとダブって見えましたよ。







          ●     ●     ●




愛知万博記念公園を歩き倒してきたら、
最後に辿り着いたのはいちめんのコスモス。







スポンサーサイト


さいきんのようす


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。