スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駆足桜

2013年03月31日 11:23



三分咲きが七分咲きに、七分咲きが満開に一晩でなってしまう、今年の桜。
そんな駆け足な咲きっぷりと同様に、今降っている雨で
多くを散らしてしまうのかもなあ。




































鳩と桜で仲良く一枚。






スポンサーサイト

秋桜と浮雲、一度だけ蝉の声

2012年10月08日 01:34



流石に真夏日ももう、ないよね・・・?な、陽気になってきたので
近所でコスモスが満開であろうかと出かけてみました。

その途中、幹線道路の脇の雑木林から
蝉の鳴く声が聞こえてきたのには、ちょいとたまげましたよ(笑)。
10月に蝉は、記憶にあるかなあ・・・




到着。
満満開でした。





いちめんのこすもす、ではあっても
畝に沿って植えられているので、ずいずい散策出来ます。
家族連れ、カップル、黙々と写真を撮る人(やれやれ俺もだ)と
花ざかりの賑わい。













青空と浮雲を一緒に撮ると、軽やかに風に吹かれる趣もあったりして
淡やかな、軽やかな、線の細さに目が行きがちになりますが、





こういうアングルで撮ると、じっ と凝視されているような
感覚に一瞬囚われてひやっ とします。
綺麗で可愛いだけじゃない、花には魔性もあるんだよやっぱり・・・


ここからは接写! 接写! 接写!!













ちょっと変わった花弁を持つ品種が一角に集まっていました。





これもコスモス。









これも、これもコスモス。






まあ、こういう花壇の宿命として、花の盛りが過ぎると
次の苗なり球根なりに植え替えるため(あるいは土を休ませるため?)
重機で大規模に掘っくり返すというのを繰り返しているので、
まだまだ花が元気な時分であったとはいえ、見に行けて良かった。

秋桜って僕には一番、秋な感じのイメージなのです。
(紅葉は、やや冬に入りかけの晩秋というイメージ)



なつのおしまい2012

2012年09月07日 02:46



朝晩が涼しげになったり、
(おかげで水道からお湯でなく、普通の水が出るようになったり)
蝉よりも蜻蛉や蟋蟀を見かける方が増えたり、
空の表情や、光の色が変わっていくのをみるにつけ
夏は確実に去っているのを感じます。





「秋にどっか行こうか」なんて話があっても、熱さにやられた頭では
なかなかイメージが湧いてこなかったり、
着ていくものからアプローチだ!と古着屋に行ってみても、こんなに熱いのに
長袖とかアウターを引っ掛けている自分がまるで、想像出来ない。
(もっともこの時期の古着屋は、夏物売り尽くしセールで大変な勢い)





でも、真夏の狂熱が落ち着けば
まずは考える楽しみが戻ってくるからさ、
残暑は程々に、秋を楽しませてよ。

足で蹴り上げる豪快な夏

2012年07月19日 23:56



早くも海です。

梅雨明けの発表もまだだった頃に何となく話が決まっていて、
当日はやや曇天だったこともあり、
珍しく気乗りのしない感じだったのですが。

高速船でばびゅーとスッ飛んでいく間に
ぐんぐんと夏らしくなっていきます





ビーチに降り立って海を目指します。
(この時点で過去最高の日差しに灼かれている)









ざばーん





さらさらさら





水が綺麗です。





浮き輪に掴まってただ空を眺めているだけで、
自分の中の揃わないリズムが整っていくのを感じます。

















そうこうしているうちに梅雨明けしてしまい、
本気の夏がやってきました。













‥‥もう少し手加減してくれないもんかな。
(日焼けがスゴい事になっていました)





nowhere = now here

2012年06月11日 20:32



浜辺に立って、
うーみよー、おーれーのうーみよー♪ と唄いたくなるという
歳でもないですが、じゃ何か音楽が聴こえてくるか? と
少し考えてみても、どうもピンとこない。
こんな映画を観たせいか、全てを塗り潰すような轟音か
いっそ何もないのがしっくりくるように思えた、
そんな雨上がりの海。









寄せては返しを繰り返す、
このリズムそのものが音楽だ‥‥ なんて言うと
恥ずかしい台詞禁止ですがな。










波に洗われた流木が
何か太古の骨の化石のようでもあったり、





規則的な波の痕跡が、見たこともない巨大生物の
活動痕のようでもあったり‥‥ なんて事を言ってると、
キラキラ輝く未来の光!な子と
お友達になれそうだ(笑)。





だがしかし、振り向けばテトラポット。
波風に摩耗して、角が取れているのが良い。
波際や砂浜に一寸埋まっていれば、もっと良い。
今にして既に、“文明の痕跡”感がありありとして。

こんなイメージが揺らぎ立つ。
“終末も跳び越えた、その先の時間より
人間の生きた証を逆回しから見ているような、
倒錯した酩酊感”
少し、足元がぐらりとする。





J・G・バラードや、もしくは山田正紀といった
作家のことが頭をよぎったり、
映画『猿の惑星』の有名なラストシーン、あるいは
「20世紀に、大きな戦争がありました‥」なんてナレーションが
微かに耳をかすめたような‥‥















それでも
“むかーし、昔”と
“ずっと、未来”は
汀で波に揺られながら、
いつしかないまぜになって、
ひとつの時になる。
それはきっと、
ひっそり静かに花の咲く
“いま”という時。




‥‥な~んてな!
(スカしてみるのもここらが我慢の限界よ!)















雨の来そうな雲行きになってきた。
そろそろ帰りましょうか。



さいきんのようす


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。